(出典: akazya)

ニュースで女性無料の相席居酒屋を観た母が「ただのレベルの低いキャバクラじゃない。ねえ?」と父に引っかけ問題を出しましたが、父は「キャバクラ行ったことないからわからない」と正解を即答しました。
無知だとすぐ最初に出合った情報に染まってしまいます
視力障害の先生の障害者の権利の講義を思い出す。
「もし私が知事になったら不要だから夜間の街灯を排除しますよ。電気代浮くし。皆さんは困るでしょう。私は困らない。皆さんの意見が通るのはつまるところ皆さん『健常者』が多数派だからに過ぎない。障害者問題はマイノリティ問題なんです」

flapperbear:

2014 US OPEN men’s quarterfinals // Kei Nishikori

flapperbear:

2014 US OPEN men’s quarterfinals // Kei Nishikori

今は亡き婆ちゃんから聞いた話
婆ちゃんが曾婆ちゃんとか、先祖から言われてきた事

「山には絶対に鏡を持ち込むな」

山は人ではないモノに逢う事が多いが、通常は気付かないフリでノープロブレム
でも鏡はKYな存在で、異なる存在同士を結び付けてしまう力があるらしい

婆ちゃんが先祖から言われたのが、
「山で鏡に自分自身を写した時、昼なのに背景が夜になってたら手遅れだ」
既に自分の存在が「人とは異なるモノ」の世界に取り込まれているらしい
そういう時に、「神隠し」が起こるらしい
さらに言うと「完璧な神隠し」というのがあって、
この場合は居なくなった事、もともと居たという存在を消されるらしい

たぶん山での遭難を避ける戒めだと思うが、この話を聞いた時は正直怖かったな

935 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/06/02(木) 23:33:30.43
東京の大学に受かり都内で一人暮らしをいていたら、
妹が「泊まりたいと」言ってきたので泊まらせることにした。そのときついて来たのが嫁
夏冬来て、次の年夏に嫁から「一人で来ていいか?」と連絡
「一人は、まずくない?」と言うと、「信用してます、あと売り子頼めませんか?」と。
コミケで売り子をして欲しいとのこと。夏売り子やって、冬また電話があり、また泊めて売り子

彼女が東京の大学受かって俺の近所に引っ越してきた。
この辺から一緒に遊ぶようになり、夏前「原稿手伝って」と言われ手伝い
「お客さんにたまに変な人来るから、男の人がいると安心」と言われ、また売り子
この頃から小規模のイベントについて行って売り子してた
ちょくちょく出入りするようになり顔見知りが増えて、仲良いのと集まって打ち上げとか遊び行ったりした

冬コミ前「原稿手伝って欲しい」と俺の部屋に押しかけてきた
手伝ってたのだが、読んでみたら内容は、俺と嫁の馴れ初め漫画で、嫁が俺に告白してるシーンで終わってた。
嫁は「結末がまだ決まらないんです」と。俺は結末を伝え、嫁はその通りに漫画を描き
「冬は売る物が無いから、このまま売っても良い?二人の記念だし」と言いだし、初喧嘩。
結局別の薄い本を徹夜して作る羽目になった。

そこから半同棲し、嫁の卒業にあわせて結婚。
嫁は、結婚までのやりとりを漫画にして、前の漫画とセットにして、引き出物に勝手に入れてた。

936 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/06/03(金) 00:12:43.25
»935
zipでよこせ
sasaq:

まついなつき on Twitter: 1, 2, 3, 4

sasaq:

まついなつき on Twitter: 1, 2, 3, 4

・どすこいFM(国技館FM)
「国技館内だけで放送している番組。現役の親方が、力士が情けない相撲を取ると『死ねばいいのに』とかNHKのラジオでは絶対言えないような本音を漏らす」(36歳/男性)
showmethebike:

This is almost perfection.

showmethebike:

This is almost perfection.

(出典: cornersandcurves)


twitter.com
江ノ島の巫女さんと猫がとても可愛かったです

twitter.com

江ノ島の巫女さんと猫がとても可愛かったです

(出典: keikozakky)